世田谷区、港区、板橋区、町田市で障害者施設、高齢者施設、高齢者在宅支援事業、指定管理事業、その他公益事業を経営しています。

社会福祉法人 友愛十字会

採用情報はこちら 03-3416-3164
友愛ホーム
施設トップ・ご利用案内
行事・広報・ボランティア
障害者施設
世田谷更生館
友愛園
コーポ友愛
友愛デイサービスセンター
東京聴覚障害者支援センター
高齢者施設
友愛ホーム
砧ホーム
砧デイサービスセンター
友愛荘
在宅支援事業
砧あんしんすこやかセンター
砧介護保険サービス
指定管理事業
港区立障害保健福祉センター
公益事業
友愛書房
社会福祉法人友愛十字会
157-8575
東京都世田谷区砧3丁目9番11号
電話:03-3416-3164
FAX :03-3416-5782
法人概要はこちら

友愛ホーム

施設概要

称号 友愛ホーム
住所 〒157-8575
東京都世田谷区砧3丁目9番11号
TEL/FAX  TEL 03-3416-3164 / FAX 03-3416-5782
事業の内容 養護老人ホーム
ISO認証 ISO9001:2008 平成26年12月9日更新

  

  

  

  

老人福祉法(第20条 第4項)による養護老人ホームです。
65歳以上の高齢者で身体的、精神的、その他の理由から、自宅で生活することが困難な方に入所していただき、いろいろな 支援を行っています

組織

園長 庶務部(庶務、会計、給食)
養護部(相談、支援、医務)

規模

建物 本館の3・4階 2,087㎡
入所定員 70人
職員定員 14人

生活支援

個別支援
ホームは生活に困られているご老人に利用していただくことで、衣食住の整った、安心できる環境を提供し、生き生きとした生 活が送れるよう様々な支援を準備します。
また体調不良などで介助が必要な方には、個々の状態に合わせた支援を計画的に行います
クラブ活動(各クラブ月1~2回実施)
ゲートボール、音楽療法、楽しい歌声会、華道、お話会、工作、外出、外食、映画、料理、体操、パワーリハビリ、絵手紙、ペン習字、書道、詩吟
行事・レクリエーション
お花見、七夕、敬老会、一泊旅行、忘年会、運動会、日帰り旅行、野外食、バイキング食、ホーム喫茶、盆・彼岸法要、入浴イベント、その他季節行事
健康管理
嘱託医師及び常勤看護師により、健康管理を行っています。(定期健康診断、体重測定、血圧測定など)
介護予防のために、毎日体操も行っています。

ホームの基本的な生活時間

6:30 ~ 起床
7:45 ~ 8:25 朝食
9:00 ~ 朝の体操
10:30 ~ 11:30 クラブ活動など
12:00 ~ 13:00 昼食
13:30 ~ 14:30 クラブ活動など
14:45 ~ 15:15 おやつ
18:00 ~ 19:00 夕食
21:00 消灯

ご利用方法

  

  

友愛ホームに入所を希望される方へ
養護老人ホーム 友愛ホームは「生活に困窮された方」に利用していただく施設です。
ホーム利用者の対象者である「生活に困窮された方」とは次のような理由で困られている方です
・65歳以上の方で
・基礎年金程度の収入しかなく、経済的に困っている方
・御家族など実際に生活を支えてくれる身寄りのない方
・身体障害などで生活上の苦労をされている方
・ただし、日常生活では洗濯・居室の清掃など、ご自身のことは自ら行なうことが出来る元気な方
利用の手順
STEP 1 地域の福祉事務所で生活に困っている理由についてご相談します
STEP 2 福祉事務所が老人ホーム待機者と判断します
STEP 3 老人ホームで欠員が生じた際、次の入所が望ましいと福祉事務所が判断した場合に、
福祉事務所から連絡が入ります
STEP 4 老人ホームで入所面接を行います。面接の結果は後ほど福祉事務所からお伝えします
STEP 5 面接で「適」とされた方には、指定された日時に入所となります
・事前に施設見学を希望される方は、遠慮なく直接ホームにお問い合わせください
・入所は単純な順番待ちではなく、希望されている方の困窮度合いの必要性、緊急性に応じて福祉事務所が判断します

利用を考える前に

老人ホームは集団生活の為、制約はありますが、利用を開始された方々に「入所して良かった」と感じていただけるよう、 職員が一丸となりその生活を支えていく用意があります。
お一人で不安を抱えて暮らされている方に、安全で安心できる新しい生活を提供できるはずです

例えば施設生活には、こんな特長があります
・入所後は衣食住が保障されます
・福祉・医療・介護・栄養の専門家である各職員が適切な支援をいたします
・ホーム内の設備は、障害があっても利用しやすいよう安全に配慮されています
・体調の悪い時には、必要に応じた生活のお手伝いをいたします
・皆様が望まれる「生きがい」について真剣に考え、多彩なプログラムを用意し、その実現にお手伝いをいたします
入所時に用意するもの
施設の収納スペースには限りがありますので、思い出のある品が多いとは思いますが、ご用意いただくものは最低限の物に して下さい。
原則として、家具や電気製品の持参はご遠慮ください。
逆に新たに購入する必要はありませんので、現在使用している物をお持ちください
寝 具 類 掛・敷ふとん・毛布・タオルケット・枕など 1式
衣 類 下着・靴下・パジャマ・生活着・外出着 2~3組
ホーム内普段履きとして運動靴・外出用靴
※ 転倒防止のため、施設内においてスリッパの着用はご遠慮していただいてい ます。
1足以上
洗面用具 洗濯バサミ・角型ハンガー・バケツなど 1式
洗面用具 タオル・洗面器・歯磨き用具など 1式
茶 器 類 ポット・急須・湯呑みなど(居室内で使う物です) 1式
ページTOP